低放射線ホルミシス

ホルミシス

ホルミシスは関節リウマチ、神経痛、
喘息、アトピー、アレルギー性皮膚炎、糖尿病、
癌再発防止、各種肝障害、アルツハイマー病に効いた

  
  会社概要  お問合せ    

お問合せ先


お問合せは、下記のアドレスにお願いします。

直ちに担当者より連絡させて頂きます。

メールアドレス:yfuji3@gmail.com


または、下記へFAXお願いします。

  FAX:078-593-3532

ラジウム温泉は放射線ホルミシス





玉川温泉(秋田県)

秋田県の玉川温泉は「癌が治る温泉」として一躍有名になった温泉です。

冬は雪深く、交通の便も至って悪いのですが、癌を中心にした難病患者が次々と押しかけ、宿泊予約が取れるのは半年先と言われるくらい混み合っています。

その秘密はラドンにあります。

ラジウム鉱石の岩盤を通ったお湯はラドンを豊富に含み、入浴や吸入、飲水によってラドンを体内に取り込むことが出来ます。

体内に入ったラドンは細胞に働きかけてホルミシス効果を生むのです。

岩盤欲はこの玉川温泉が発症の地です。

患者は温泉の地熱を帯びた岩盤に横たわり、温熱効果によるデトックス(毒だし)を行います。

このときラドンを吸い込むことによってホルミシス効果を得ているのです。


低放射線ホルミシス





三朝温泉(鳥取県)

三朝温泉は、ウラン鉱石の採取地として有名だった人形峠にほど近い所に有り、ウラン鉱脈を通って噴き出たお湯の中にラドンが高濃度で含まれていると考えられています。

泉質は無色透明、ラドン濃度の2000ベクレルは、日本のラジウム温泉の中でも、相当高い部類に入ります。

この泉質に注目した岡山大学は、この地でラドンと癌死亡率の有名な調査を行っています。

また、岡山大学はこの地にラドンを利用した「三朝医療センター」を作り、研究と同時に治療も行って、病気回復の成果を挙げています。




ヒートショックプロテインについて


温泉にはさまざまな効果が有ることが分かっています。

日本では昔から「湯治」といって温泉で病気治療を行ったり、疲れた体をリフレッシュしたり、ストレスを発散してきました。

日本人は世界で一番温泉好きな民族と言えるでしょう。

その温泉に浸かって体を温めると、人の体の細胞内に「ヒートショックプロテイン(HSP)」と呼ばれる抗ストレスたんぱく質が出現します。

ある種の生体反応と言えますが、HSPは40度程度で最も産出されます。

HSPの生理的作用は、傷ついた細胞を修復したり、免疫活性を上げたりすることによって生体の防御システムを活性化することです。

温熱や入浴が病気治療だけでなく、美容やスポーツなど各方面で応用されているのはこうした理由からです。

温泉に入ることでラドンとの相乗効果も期待できます。


  会社概要  お問合せ    
   有限会社ジェックス
    〒651-1143 神戸市北区若葉台1丁目4番10号
    TEL/FAX 078-593-3532(メールでご対応させて頂きます。)    メールアドレス:yfuji3@gmail.com
Copyright (C) 2011 JECS All Rights Reserved.