×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

低放射線ホルミシス

ホルミシス

ホルミシスは関節リウマチ、神経痛、
喘息、アトピー、アレルギー性皮膚炎、糖尿病、
癌再発防止、各種肝障害、アルツハイマー病に効いた

  
  会社概要  お問合せ    

会社概要


会社名:有限会社ジェックス

担当者:取締役 藤井可人

住 所:神戸市北区若葉台1丁目4番10号

TEL/FAX078-593-3532(メールでご対応させて頂きます。)

メールアドレス:yfuji3@gmail.com


ホルミシスの日本での研究





放射線ホルミシスの生物学的・医学的研究は、まず、トーマス・D・ラッキー教授の小さな生命体による実験から始まりました。

その後財団法人電力中央研究所では1988年から低線量放射線の影響研究を開始しています。

電力中央研究所は、自から実験研究に取り組むと同時に、大学などに呼びかけて低線量放射線についてのさまざまな生物応答の検証と、発現機構の解明の研究が行われました。

そして、「放射線はDNA損傷を起こすので、どんな微量の放射線でも線量に応じた障害を引き起こす」という従来の説では説明が出来ない現象が次々に明らかになって来ました。

むしろ、低線量放射線では、生物にもともと備わっている放射線への防護機能が増強されるのです。

その結果、活性酸素が関与する病気に対しても、顕著な効果があるらしいことが分かってきました。



低放射線ホルミシス





1998年には電力中央研究所狛江に「低線量放射線長期照射施設」が新設され、生物に長期にわたって少量の放射線を連続照射するとどのような影響があるかを調べる実験が行われています。

すると、あまりに微量ではまったく影響は無く、線量を増やすと生体に有効となり、逆に多すぎると有害になるという結果がでています。

電力中央研究所の研究や全国の大学では「低線量放射線ホルミシス」が研究されています。

そうした成果を受けて、現在、この治療を導入するクリニックもでてきました。

いよいよ人間での成果が確かめられようとしています。







  会社概要  お問合せ    
   有限会社ジェックス
    〒651-1143 神戸市北区若葉台1丁目4番10号
    TEL/FAX 078-593-3532(メールでご対応させて頂きます。)    メールアドレス:yfuji3@gmail.com
Copyright (C) 2011 JECS All Rights Reserved.